製品リリース
- 2017.06.27 -

高精細印刷技術を用い、大画面化・曲面デザインに対応可能な
車載用フィルムセンサを販売開始

img/FilmSensor-N.jpg

◆概 要

 日本航空電子工業は、高精細印刷技術を用い、大画面化・曲面デザインに対応したメタルメッシュタイプの車載用静電容量式フィルムセンサを開発、販売を開始いたしました。


◆背 景

 自動車のCID(Center Information Display)においては、運転支援システムやインフォテインメントなど車内で取り扱う情報量の増加に伴い、表示エリアの大画面化・マルチ画面化のニーズが一段と高まっております。また軽快な操作感やコックピットデザインに合わせたデザイン性の向上も求められています。
 こうしたニーズに対応するため、当社は高精細印刷技術を用いセンサパターンをメタルメッシュ化(金属細線を格子状に配線)することで、タッチパネルの感度を大幅に向上させた大画面対応可能なフィルムセンサを開発いたしました。当製品は、印刷技術によりフィルム基材上に電極を形成することにより、通常2枚で構成されているフィルム基材を1枚として、軽量化、薄型化、さらに曲面化など多様なデザインへの対応も可能としております。
 今後、さらに高画質化する液晶との組み合わせでは、メタルメッシュのパターンを最適化設計することで外観品質を高めることが出来ます。
 生産は当社昭島工場で行っており、フィルム基材への電極形成から意匠カバーとの貼り合せまでを社内で一貫生産し、高品質な製品をスピーディーに提供する体制を整えております。
 また、これにより従来のガラスセンサと2種類のセンサを以って、多様化するニーズにお応えして参ります。

 当社は、本製品を実現している、印刷技術を柱としたコンバーティング技術(*)を「FLEXCONVERT™」の名称で商標化し、人と機器の接点(ユーザーインターフェース)における顧客ニーズ・市場ニーズに対応した技術開発、製品への展開を進めてまいります。(以下参照
 *印刷、貼合、コーティング、ラミネーティングなどの要素技術を組合せることで新たな価値を創造する技術

 なお、当製品は、6月28日からポートメッセ名古屋において開催される「人とくるまのテクノロジー展2017 名古屋」に出展いたします。


◆特 長

・センサ電極をメタルメッシュ化したことで、感度を大幅に向上し、大画面化に対応
・1枚のフィルム基材上に電極を形成しており、しなやかさを向上
 曲面化などの多様なデザインに対応可能
・細線化に加え、液晶表示との干渉対策も実施し、外観品質を向上

◆適用市場

・カーナビゲーション
・カーオーディオ

◆仕 様

最大サイズ 20インチ程度まで対応可能
厚み 0.1mm
動作温度範囲 -30~+85℃
保存温度範囲 -40~+95℃
IC仕様 各種車載用ICに対応
デザイン適用性 樹脂カバー・ガラスカバー・曲面カバー等に対応


多様化・高度化するユーザーインターフェースのニーズに
コンバーティング・テクノロジーで柔軟に対応する
新技術ブランド「FLEXCONVERT™」を展開


 日本航空電子工業は、『開拓、創造、実践』の企業理念のもと、独自の革新的、創造性に富んだ高い技術・開発力を背景に、「コネクタ事業」「インターフェース・ソリューション事業」「航機事業」の3つの事業をグローバルに展開しております。
 「インターフェース・ソリューション事業」におきましては、操作感触技術、タッチ入力技術などをコア技術として、人と機器の接点(ユーザーインターフェース)における顧客ニーズに対応した製品をご提供してまいりましたが、今般、印刷技術を柱としたコンバーティング技術(*)を「FLEXCONVERT™」としてブランド化し、本技術を活用した製品を展開していくことといたしました。
 *印刷、貼合、コーティング、ラミネーティングなどの要素技術を組合せることで新たな価値を創造する技術


 「FLEXCONVERT™」の展開を通じ、印刷技術を柱としたコンバーティング技術によりエレクトロニクス製造プロセスを変革し、多様化・高度化するユーザーインターフェースニーズに柔軟に対応してまいります。
 「FLEXCONVERT™」は、当社の持つ印刷・貼合等の技術をもとに、インク、フィルム等の素材メーカー様との協業によって実現する、柔軟かつ高い量産性と品質を持ったユーザーインターフェース・ソリューションの新しいコア技術です。
 本技術の活用により、自動車、産業機器等のタッチパネルの大画面化、外観性向上、曲面等の多様なデザインへの対応など、様々な顧客ニーズに柔軟に対応可能です。今般、販売開始しました車載用静電容量式フィルムセンサを始めとして、今後、多様な製品に展開を進めてまいります。


■名称・ロゴデザインについて

 「FLEXCONVERT™」というネーミングは、このテクノロジーが持つ無限の可能性を秘めた製法を表現するものです。
 今回制作したブランディングロゴは、複数の層が重なり合うビジュアルで、コンバーティング技術そのもの、および技術・知識の積み重ねを表現。波打つフォルムは、フレキシビリティをイメージしています。
 また、Xの右肩部分が枠外へ飛び出る様子は、未来への上昇や無限の可能性を表現しています。

この頁に記載されている内容は、発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますのであらかじめご了承ください。