AX01

高速伝送、2点接点 フローティング基板対基板コネクタをお探しなら「AX01シリーズコネクタ」


昨今、生産現場では生産性や品質の向上と省人化を目的に、ロボット、自動機が普及しています。基板間接続コネクタにおいてもロボット組立対応、耐振動性や接触信頼性を確保するために、従来の基板対基板コネクタに加えて、フローティング基板対基板コネクタの採用が広がっています。同時に、産業機器、車載機器の情報処理スピードが速くなっていることから、コネクタにも高速伝送対応が求められるようになっています。そこで日本航空電子工業(JAE)はご要求にお応えするコネクタを開発しました。
その詳細についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

日本航空電子(JAE)の高速伝送、2点接点、フローティング基板対基板「AX01シリーズコネクタ」の特長

日本航空電子工業(JAE)のAX01シリーズは、ロボットによる自動組立てに加えて、スマートファクトリや5G通信など産業機器での信号伝送の高速化に対応可能なコネクタです。
高速伝送8Gbps+(10GBASE-KR、PCIe Gen3相当)と2点接点の接触部を兼ね備えており、これまでのフローティングコネクタよりも高速伝送対応と高い接触信頼性を両立させました。

特長①  高速伝送対応で且つ2点接点構造


8Gbps+の高速伝送に対応(10GBASE-KR、PCIe Gen3 相当)

接点が増えると接触信頼性は向上しますが、その反面、電気の流れが分断される為、多点接点で高速伝送性能を両立させることは困難です。日本航空電子工業(JAE)のAX01コネクタは電気の流れを妨げないスタブレスの2点接点構造を採用し、接触信頼性を確保すると共に高速伝送に対応しています。
 

  特長② 高接触信頼性を確保

2点接点構造


AX01 フローティング基板対基板コネクタは、独立した2つの接触ばねにて成立する構造を採用しています。接点が二ヵ所あることで、万一、片方の接点に異物が付着しても、もう一方の接点は接触しているので、接触信頼性が確保されます。

ロール表面接触


端子の接点を破断面ではなくロール面を使用することで、メッキの摩耗を防ぎ、長期的な接触信頼性を確保します。また、低挿抜力につき多芯数でも嵌合操作性に優れます。
 

  特長③ フローティング量:(X/Y ±0.5mm)

 

  特長④ ガイドによる嵌合誘い込み XY±1mm


フローティング量以上の誘い込み量があるので、嵌合操作が 容易な構想で、ロボットによる自動組立て嵌合も可能。 またキーイング形状により誤嵌合を防止します。
 

  特長⑤ キャップ部品にて実装


専用キャップを吸着し、自動実装に対応。
またキャップで嵌合口を全面覆うことで、キャップを取り外すまで嵌合部に異物が入らないような構造にしています。
 

  特長⑥  実装部のはんだ視認性


端子実装部をコネクタから露出させることにより、はんだ接合部の目視検査、画像検査における視認性に優れています。
 

高速伝送、2点接点、フローティング基板対基板「AX01シリーズ」コネクタバリエーション

ピッチ:0.635mm
基板間平行接続のバリエーションに加えて、基板間垂直接続タイプの2種類も取り揃えています。

AX01シリーズ3Dモデルダウンロード

*** : 極数(030、040、060、080、090、100、120、140極)

販売中      サンプル提供可能
嵌合高さ(mm) タイプ  品名 極数
30 40 60 80 90 100 120 140
8 フローティング側 AX01F***VAAB
固定側 AX01R***VABB
10 フローティング側 AX01F***VAAB
固定側 AX01R***VADB
14 フローティング側 AX01F***VABB
固定側 AX01R***VABB
16 フローティング側 AX01F***VABB
固定側 AX01R***VADB
18 フローティング側 AX01F***VAAB
固定側 AX01R***VANB
20 フローティング側 AX01F***VACB
固定側 AX01R***VABB
22 フローティング側 AX01F***VACB
固定側 AX01R***VADB
24 フローティング側 AX01F***VABB
固定側 AX01R***VANB
30 フローティング側 AX01F***VACB
固定側 AX01R***VANB
Vertical (L) フローティング側 AX01F***VABB
固定側 AX01R***HAYB
Vertical (H) フローティング側 AX01F***VACB
固定側 AX01R***HAYB

フローティングコネクタを採用するアプリケーション

高速伝送、2点接点、フローティング基板対基板「AX01コネクタシリーズ」について、詳しくは、当社のカタログをご覧ください。

AX01シリーズ
詳細はこちら

ご相談・お問合せ

このページに記載されている内容は、発表日時点の情報です。 ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますのであらかじめご了承ください。