HDMI™ 2.1規格対応コネクタ「DC04シリーズ」フランジ付タイプのバリエーションを追加

2020年 9月18日

HDMI 2.1規格対応コネクタDC04シリーズフランジ付タイプ

 日本航空電子工業は、HDMI 2.1規格に対応した「DC04シリーズ」に、取り付け強度の向上やEMI抑制に適したフランジ付タイプをバリエーションに追加し、一般販売を開始しました。

概 要

 近年、テレビをはじめとした映像機器ではより高精細で臨場感の溢れる映像が期待されており、日本では4K8K衛星放送が始まるなど、今後も高解像度の映像機器需要の拡大が見込まれております。このような中で、4K120Hz,8K60Hz, HDR(High Dynamic Range)等の映像信号の伝送に対応した新規格“HDMI 2.1”が策定されました。

 当社は、いち早くHDMI2.1の規格に対応したApproved Category 3 コネクタ「DC04シリーズ」を開発し、2019年より販売を開始いたしました。今回、HDMI2.1機能を有する機器の広がりに合わせて、既に販売している小型・薄型機器に適したフランジ無タイプに加え、筐体固定による強度向上やEMI抑制に適したフランジ付タイプをバリエーションに追加いたしました。このフランジ付タイプを実装することで、フランジと筐体との確実な固定による堅牢性向上や筐体フレームグランドと固定することによりEMI抑制にもつながります。
 当社は、HDMIコネクタの規格策定当初よりHDMI Forumに参画し、標準化に貢献してきました。今後も製品ラインナップを拡充していく予定です。

※ HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc.の商標または、登録商標です。
※ Approved Category 3:HDMI 2.1で新たに設定された高速伝送スペックを満たすコネクタ
※ EMI:Electro Magnetic Interference 電磁障害
※ DC04シリーズフランジ無タイプ https://www.jae.com/topics/detail/id=86685

特 長

  • HDMI 2.1規格に対応したApproved Category 3コネクタ
  • 安定した高速伝送品質を確保
    - 各チャンネル端子位置を最適化することでクロストークを低減
    - コンタクトのモールドイン化によるインピーダンス特性向上
  • シェル先端部の独自構造による取り扱い時の堅牢性を向上

適用市場

TV・モニタ, プロジェクタ, AVレシーバー・サウンドバー, セットトップボックス, BDレコーダー, ゲーム, デジタルカメラ, PCビデオボード, ノートPC 等 映像機器

仕様: レセプタクル (Type Aコネクタ)

極数 19極
耐電圧 AC 500V r.m.s
定格電流 0.5A / 極
絶縁抵抗 100MΩ以上
使用温度 -20℃ ~ +85℃

製品バリエーション

DC04フランジ付きバリエーション

DC04 シリーズ (HDMI 2.1規格認証コネクタ)のご紹介はこちら >

DC04 Series image

 

この頁に記載されている内容は、発表日時点の情報です。 ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますのであらかじめご了承ください。