車載タッチパネルの超低反射・耐指紋性改善を実現する技術を開発 車載ディスプレイの使いやすさ向上に貢献

2021年5月21日


 日本航空電子工業は、車載タッチパネルにおける超低反射化技術、および指紋の目立ちやすさを定量化して耐指紋性を改善する技術を開発しました。

概 要

 自動車のCID(Center Information Display)においては、運転支援システムやインフォテインメントなど車内で取り扱う情報量の増加に対応して、大画面化、高画質化が進展するとともに、外光による画面の反射や映り込みによる視認性の悪化、操作性への影響が課題となっています。
 こうした中、当社では大画面対応のメタルメッシュセンサの低反射化技術とともに、低反射化にともなって課題となる指紋の目立ちやすさを改善する技術を開発しました。
 

特 長

① タッチパネルの低反射技術
 大画面対応の高感度タッチパネルとして他社に先駆けて開発し、量産中のメタルメッシュセンサにおいて、映り込みの原因となるセンサ部の反射を抑える技術を開発しました。東レ(株)の開発したRAYBRIDⓇの技術(※1)を用いてセンサ部の配線を黒化するとともに、当社メタルメッシュセンサのパターン設計技術、およびオーバーレイ、OCA(光学接着材)等の材料における光学設計技術を用いて反射特性を最適化することで、タッチパネルの反射率を従来の1.6%程度から0.5%(※2)に低減しました。【図1】

② 官能性能を定量化した耐指紋技術
 タッチパネルの低反射化にともない、タッチパネルに付着した指紋が目立ちやすくなる課題が生じます。当社は超低反射ディスプレイでも指紋が目立たないタッチパネルを開発するために、これまで人の感覚に頼っていた指紋の『拭き取りやすさ』、『目立ちやすさ』を定量的に評価する手法を確立しました。
 この指標に基づいて光学設計及び材料設計を最適化することによって、『指紋拭き取り性能』と『指紋の目立ち性』(※3)を従来の1/3に低減し、低反射下での耐指紋性能を大きく改善しました。【図2】また、官能評価結果を都度製品開発にフィードバックしていた従来の手法に比べ、定量化することで開発目標値を明確にすることが出来、お客様の開発効率化に貢献します。

 今回開発した技術を用いた製品は2022年に量産・販売開始する計画です。今後、一層のデザイン性や安全性ニーズに対応するために無反射タッチパネルの実現を目指し、さらに表示品位を高めて、自動車市場でも普及が見込まれるOLEDパネルの鮮やかな映像、漆黒感を表現できるタッチパネルの開発を進めています。

日本航空電子工業は、『人と機器をつなぐ』 ユーザー・インターフェース・ソリューションの提供のため、「FLEXCONVERT®」(※4)をコア技術として、ユーザーの使いやすさを追求した製品を開発、提供してまいります。

なお、当技術は2021年5月26日から開催される「人とくるまのテクノロジー展2021ONLINE」に出展致します。
 <オンライン展> 人とくるまのテクノロジー展 https://aee.expo-info.jsae.or.jp/ja/online/
 <JAE Automotive Solutions Site>  https://www.jae.com/sp/automotive/ (5月26日10時オープン予定)
 
 ※1.RAYBRID🄬は東レ㈱の開発した感光性機能材料です。
 ※2.反射率0.5%:当社開発したタッチパネルとLCDモジュールをオプティカルボンディングした構成を想定した際のSCI値
 ※3.指紋拭き取り性⊿E平均:正反射光成分の色差及び拡散反射光成分の色差の二乗平均値 指紋目立ち性
   ⊿輝度:外光照射を模擬した照度30,000lux照射時における、物体表面の指紋付着前後での反射輝度値変化量

 ※4

FLEXCONVERT®」は、当社の持つ印刷・貼合等の技術と、優れた素材との融合により、新しいユーザー・インターフェース・ソリューションを生み出すコア技術です。
本技術の活用により、自動車、産業機器等のタッチパネルの大画面化、外観性向上、曲面等の多様なデザインへの対応など、様々な顧客ニーズに柔軟に対応した多様な製品に展開を進めてまいります。



  【図1】




  【図2】

お問い合わせ

インターフェース・ソリューションに関するお問い合わせ


インターフェース・ソリューション事業部 営業部
Tel. 03-3780-2843 Fax. 03-3780-2812

この頁に記載されている内容は、発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますのであらかじめご了承ください。