2023年3月期第2四半期決算について

2022年10月26日
本日発表いたしました、2023年3月期第2四半期決算の概要をお知らせいたします。

●2023年3月期第2四半期決算概要(累計)

当社グループの2023年3月期第2四半期の連結業績は、
■ 売上高

1,222億06百万円

(前年同期比  109.1%)
■ 営業利益

108億22百万円

(前年同期比  117.3%)
■ 経常利益

143億14百万円

(前年同期比  160.0%)
■ 当期純利益

107億25百万円

(前年同期比  158.1%)

 となりました。
 この業績の背景・要因は以下によるものです。

 世界経済は、欧米を中心にウイズコロナ政策への転換による消費回復が景気を牽引する中で、労働コストやエネルギーコスト上昇等に伴うインフレが進行し、その対策として、各国による金利引上げ政策が進みました。一方、わが国経済は、コロナワクチン普及による規制緩和により経済正常化を推進しておりますが、海外の金融政策との乖離が広がり、円安の進行による物価上昇など、先行き不透明感が強まりました。
 当社グループの関連するエレクトロニクス市場は、産業機器市場では、国内外の設備投資需要が堅調に推移しましたが、携帯機器市場での中国需要の低迷及び自動車市場での長期化する半導体不足やサプライチェーン混乱によるメーカーの生産減など、厳しい事業環境となりました。

 このような状況のもと、当社グループは、主力のコネクタ事業を中心にグローバルマーケティングと製品開発活動のスピードアップによる受注・売上の拡大を図るとともに、設備効率化など内製化の更なる強化によるコストダウン及び諸費用抑制など経営全般にわたる効率化を徹底し、業績の向上に努め、上期の業績となり、経常利益、純利益は中間期として過去最高益となりました。


●2023年3月期通期見通し

 当第2四半期連結累計期間の業績を踏まえ、2023年3月期の通期業績予想を、下記の通り修正します。
 

予想

前年度比

■ 売上高

2,500億円

(111.1%)

■ 営業利益

220 億円

(121.9%)

■ 経常利益

245 億円

(131.8%)

■ 当期純利益

185 億円

(129.1%)


 上記見通しの前提となる下期の為替レートは、1米ドル140円としております。


●中間配当および期末配当予想

 第2四半期累計期間の連結業績および通期連結業績予想を踏まえ、中間配当金を直近の配当予想の1株当たり20円から5円増配の1株当たり25円とし、期末配当予想につきましても、同じく5円増配の1株当たり25円に修正いたしました。
 これにより、2023年3月期の年間配当予想は、前期実績から15円増配の1株当たり50円となります。
以 上

お問い合わせ

IR情報


経営企画部
Tel. 03-3780-2716 Fax. 03-3780-2733

この頁に記載されている内容は、発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますのであらかじめご了承ください。