環境報告書2017

環境報告2017発行に際して 執行役員 今井 敬二

環境報告2017 発行に際して

 飛躍的な経済成長とともに地球温暖化ガスの排出や資源の大量使用などにより地球環境は悪化し、世界各地での異常気象や生態系への悪影響をもたらしてきました。こうした状況に対応すべく持続可能な開発目標が国連で掲げられ、また、温暖化抑制のためのパリ協定が発効されました。気候変動の軽減や持続可能な資源利用などの方向性を踏まえながら、次の世代が住みやすい環境を築いていかなければなりません。
 私たち航空電子グループは地球環境に恩恵を受ける一企業市民として環境問題に柔軟に対応すべく、国内外グループ一丸となった 航空電子グループの環境方針(※クリックして環境方針をご覧ください) を定め、地球温暖化対策はもとより環境保全と汚染の予防に取り組んでいます。このような方針のもとに進めてきた2016年度の環境活動を振り返りたいと思います。

航空電子グループ 環境統括担当役員
執行役員 今井 敬二


 地球温暖化対策、グリーン調達の推進、水、素材や化学物質などの資源利用の削減等の活動を展開し、それぞれ目標を達成することができました。
 
 まず、重点事項である地球温暖化対策については、「緩和」と「適応」(※マウスを置いて定義をご覧ください) を狙い、グループ各社で原油換算エネルギーの使用量削減やエネルギー使用効率の向上などの計画を推し進めエネルギー使用の原単位(※マウスを置いて定義をご覧ください) が改善されました。生産拠点では成形機シリンダーなど生産設備の断熱の拡充、既存設備のインバータ化、真空ポンプへの切り替えによる圧縮空気の効率的使用など生産プロセスの効率化を進めるとともに、クリーンルームの空調機の運用改善などの取り組みによって省エネルギーの効果が上がっており、更なる拡充を進めていきます。
 
 グリーン調達については、2019年7月22日から規制が開始されるRoHS指令追加4物質に対応する為、グリーン調達ガイドラインの改訂と説明会の開催によりお取引先様と情報を共有し、製品に規制物質が含有しないように取組んでいます。規制追加された4種のフタル酸エステル類は移行性が確認されており、材料そのものの含有管理に加え、調達から製造、梱包に至る各工程において材料や製品に移行させない仕組みづくりを進めています。
 
 資源利用において、「水」は生命の源であり水資源の持続的な使用が国際的に重要な取組み課題となっています。私たちの事業活動においても水資源はかけがえのないものであり、これまで循環利用、再利用などを通して取水抑制に努めています。事業の継続と環境保護のために、私たち航空電子グループを取り巻く「水資源リスク」を評価し、水源の維持・確保並びに生物多様性の保全にも配慮した水資源管理の目標を掲げ活動を始めました。
 
 一方、環境マネジメントシステムに目を向けると、国内グループマルチサイトとしてISO14001規格認証を受け、2005年度よりその活動を継続しています。
 2015年には規格が改正され、2018年の登録移行に向けてより一層事業活動と一体となった運用を図ります。
 また、規格改正の趣旨をふまえて、お客様、お取引先様をはじめ広く関連する皆様とともに環境負荷低減や環境保全活動に積極的に取り組んでまいります。
 
 ここに、2016年度の環境活動を取りまとめ、環境報告として公表致します。今後の環境活動のさらなる向上にむけ、皆様からの忌憚のないご意見を賜れれば幸いです。

執行役員 今井 敬二