環境報告書2016

環境会計情報

 航空電子グループでは2002年度より環境会計を実施しています。環境活動の費用と効果を定量的に把握し、効率的な活動の推進に努めています。

2015年度の集計について

 2015年度の費用額は資源循環関係を除き全体的に2014年度より増加しています。投資額においては2014年度より減少していますが、化学物質規制対応の研究開発費用はやや増加しています。

●環境保全コスト    単位:千円
分 類 主な取組の内容及びその効果 投資額 費用額
事業エリア内コスト 公害防止コスト 排ガス洗浄施設等のメンテナンス、運用 0 18,400
排水処理施設のメンテナンス、運用 95,800 55,770
ボイラー、その他環境関連施設の
メンテナンス、運用
12,340 21,950
小    計 108,140 96,120
地球環境保全コスト 地球温暖化対策投資及び費用 16,990 12,430
小    計 16,990 12,430
資源循環コスト 産業廃棄物の処理・リサイクル投資及び費用 100 59,820
一般廃棄物の処理・リサイクル投資及び費用 10 8,610
生ゴミ処理機の運用 0 200
その他廃棄物に関する投資及び費用 210 860
小    計 320 69,490
事業エリア内コストの合計 125,450 178,040
上・下流コスト 製品の環境配慮状況の調査、環境品質確認に関する投資及び費用 760 74,540
小    計 760 74,540
管理活動コスト 環境専任者の人件費、ISO審査費用、各部門の環境活動工数等 0 195,470
環境報告書の作成、ホームページ制作等 0 1,850
排出ガス、排水、騒音、地下水に関する測定 0 14,380
各階層教育、緊急時対応訓練 0 12,260
各拠点周辺の清掃、植樹等 0 6,280
小    計 0 230,240
研究開発コスト 化学物質への規制対応の研究開発投資及び費用 0 10,930
上記以外の研究開発 7,500 20,930
小    計 7,500 31,860
社会活動コスト 各拠点の社会貢献活動、航空電子グループの森に関する費用等 0 6,260
小    計 0 6,260
環境損傷対応コスト 環境汚染などの修復のコスト、環境保全に関わる補償金など 0 0
小    計 0 0
総    計 133,710 520,940

●投資額及び研究開発費    単位:千円
項    目 内   容   等 金 額
当該期間の投資額の総額 除害対策・その他の設備導入、排水処理設備、化学物質規制対応への投資等 133,710
当該期間の研究開発費の総額 化学物質規制対応、その他の研究開発工数等 31,860

●環境保全対策に伴う経済効果    単位:千円
項    目 内   容   等 金 額
当該期間の収益額 不要物の有価売却等による収益額 2,018,990
集計範囲: 航空電子グループの国内拠点
参考としたガイドライン等 環境省 環境会計ガイドライン(2005年版)
対象期間: 20015年4月1日~2016年3月31日
集計基準:
  • 金額の単位はすべて千円単位(千円未満四捨五入)としています。
  • 環境専任部門の人件費の全部及び他部門の人件費のうち環境活動分として按分された費用 (研究開発コストを除く)はすべて「管理活動コスト」に集計しました。これには、以下 のコストにも該当する可能性のある人件費も含まれています。
    1. 公害防止コスト
    2. 資源循環コスト
    3. 社会活動コスト
  • 研究開発コストについては、環境該当分の按分は行わず全額を計上しています。