USB Type-C™準拠「DX07シリーズ」のバリエーション拡大 ~VR規格「VirtualLink™」対応品などを追加~

DX07シリーズ

(手前:2列SMTオンボードレセプタクル 後方:センターハイト3.4㎜ハイブリッドレセプタクル)

 日本航空電子工業は、USB Type-Cに準拠したレセプタクルコネクタに、新たにVR規格「VirtualLink™」対応タイプなど2種類のバリエーションを追加し、販売を開始致しました。販売中のUSB Type-Cレセプタクルコネクタ、プラグコネクタ、ケーブルハーネスと合わせ「DX07シリーズ」としてお客様へご提供をして参ります。

概 要

 USB Type-Cコネクタは、次世代のインターフェース規格として、PC、スマートフォン、携帯機器、AV機器、ゲーム機等に幅広く普及が進んでおります。このような中、当社はVR市場向け次世代規格「VirtualLink™」対応のセンターハイト3.4㎜ハイブリッドタイプと、USB Type-Cの最も標準的な仕様である2列SMTオンボードタイプの従来品を改良したレセプタクルの2種類を開発し、販売を開始致しました。

  • 「センターハイト3.4㎜ハイブリッドレセプタクル」(DX07S024XJ4)
 USB Type-Cは、Alternate Modeにより、USB信号以外の信号伝送にも対応する特長を持っております。その中で、本製品は、新たな信号伝送規格であるVirtualLink™規格に対応いたしました。
 VirtualLink™規格は、今後、拡大が見込まれるVR市場に向けた新しい規格で、高解像度ディスプレイ、カメラ、各種センサを搭載するVRヘッドセットと、本体機器(PCやセットトップボックス)を1本のUSB Type-Cケーブルで接続することが可能になります。
 本製品は、標準的なUSB Type-Aレセプタクルコネクタや、HDMIレセプタクルコネクタと並列に実装した際に、コネクタの間口高さが同等となる形状(センターハイト3.4㎜)を採用し、お客様の機器デザインの自由度向上に貢献致します。
  • 「2列SMTオンボードレセプタクル」(DX07S024JA1)
 本製品は、従来品に対しコジリに対する強度を向上させた、最も標準的な形状で幅広い市場に需要のある2列SMT オンボードタイプです。また、コネクタ実装基板の加工を容易にするなど、多様化するお客様のニーズにお応えしております。

 当社はUSB Type-Cコネクタの規格検討段階より参画し、標準化に貢献してまいりました。引き続き、レセプタクルコネクタ、プラグコネクタ、ケーブルハーネスのラインナップを拡充して参ります。

※「USB Type-C™」は、USB Implementers Forumの商標です
※「VirtualLink™」は、VirtualLink Consortiumの商標です

 

特 長

  • USB Type-C規格準拠
  • 最大5Aの大電流供給対応(USB Power Delivery Revision 3.0準拠)
  • VirtualLink™に対応(センターハイト3.4mmハイブリッドレセプタクルのみ)

適用市場

スマートフォン、PC、デジタルカメラ、VR/AR、プリンター、他

一般仕様

形態 DX07レセプタクルコネクタ
品名 DX07S024JA1 DX07S024XJ4
コンタクト形態 2列SMT ハイブリッド
センターハイト 1.57mm 3.4mm
定格電流 最大5A
極数 24極
定格電圧 AC20V r.m.s.
接触抵抗 初期40mΩ以下
耐電圧 AC 40V r.m.s. (1分間)
絶縁抵抗 100 MΩ以上
使用温度範囲 -30℃~+80℃
挿抜寿命 10,000回

リンク:DX07シリーズ


 

この頁に記載されている内容は、発表日時点の情報です。 ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますのであらかじめご了承ください。