2019年“超”モノづくり部品大賞 「奨励賞」を受賞

ロボットハンド用グローブ型センサモジュール

 日本航空電子工業(JAE)は、「ロボットハンド用グローブ型センサモジュール」において、モノづくり日本会議および日刊工業新聞社が主催する『2019年”超”モノづくり部品大賞 奨励賞』を受賞しました。

 ”超”モノづくり部品大賞は、産業・社会の発展に貢献する「縁の下の力持ち」的存在の部品・部材を対象に、機械や電気・電子、自動車に加え、環境関連や健康・バイオ・医療機器、生活関連に使われる分野から、日本のモノづくりに寄与する卓越した部品・部材を選定するものです。

 受賞対象となった「ロボットハンド用グローブ型センサモジュール」は、既存のロボットハンドにセンサを付加できる新しいタイプのデバイスです。センサ部と制御部を接続するコネクタには、当社が開発した柔軟な電気接続を実現するフィルム型コネクタ(FTC:Film-Type connector)を利用することで、ロボットハンドからセンサグローブの着脱を可能にしています。今回紹介させていただいたモジュールでは距離センサと圧力センサを実装しティーチングレスで様々な形状を認識、把持することを実現しました。

今後さらに広がりをみせるロボット市場やウェアラブルデバイス市場への適用に向け、研究・開発を継続してまいります。

 当社は、今後もAIやIoTなどのICTをはじめ、ロボットなどの産業分野、医療・介護・ヘルスケア分野など幅広い分野の新たな価値の創造に向けて、Innovative/Creativeな商品を開発・提案し、持続的成長の確保と社会貢献を目指します。

【ロボットハンド用グローブ型センサモジュール】

開発メンバーと贈賞式にて

お問い合わせ

会社全般


Tel. 03-3780-2711 Fax. 03-3780-2733