環境報告書2021

環境報告2021発行に際して 執行役員 檜山 憲孝

環境報告2021発行に際して

 今、地球温暖化による気象災害、生態系の保全に影響する水や森林資源の減少など地球規模の環境リスクが深刻な課題となっており、国際社会が抱えている温暖化などの問題に対応するために、国連は持続可能な開発目標(SDGs)を掲げています。
 航空電子グループは、そうした環境リスクに事業活動を通して取り組むことが企業の責任であると認識しています。企業として生産規模を拡大しながらも環境負荷を低減し、環境方針に沿った持続可能な環境経営を推進していきます。 
 2020年度の環境活動のトピックスとしては、ISO14001:2015を活用したリスク分析(及び機会)などを通じて、地球温暖化、廃棄物削減、水資源管理及び製品含有化学物質規制への対応を重点項目とした以下の取組みを行いました。

航空電子グループ 環境統括担当役員
執行役員 檜山 憲孝

 地球温暖化対策では、NECグループとしてSBT認証を取得しており、その報告に必要なGHG排出量の第3者検証をJAEでも対応しました。
 具体的な省エネ施策としては、照明のLED化、コンプレッサーや変圧器の更新などインフラ関連の改善、生産効率の向上や射出成形機、プレス機、めっき設備など生産設備のエネルギー効率改善等を行い、2012年度を基準として原油換算5500kLのエネルギ―使用量を削減しました。物流についても、運行ルートの見直しや、リユーストレーの使用により、CO2削減を実施しました。
 今後も国際社会や顧客からの期待に応えるべく、より一層のCO2総量の削減に向けた取組みの方向性について、経営トップと情報を共有してきました。
取組みに向けて、エネルギー使用量の内訳を把握し、CO2総量の削減やエネルギー効率の改善を行っていきます。また、再生可能エネルギーの導入についても、各拠点の実情に合わせて検討を行っていきます。
 廃棄物削減については、脱プラスチックに向けて、廃棄物を減らす取り組みが重要になっています。廃棄物毎の処理内容の見直しや、廃棄分別の教育を行い、再資源化の推進に取り組んでいます。
 水資源管理については、地下水となる水資源の維持のため、弊社の環境シンボルである「航空電子グループの森」の森林保全活動を行っています。
 製品含有化学物質規制への対応では、仕入れ先様とのコミュニケーションが重要であり、化学物質含有データの提供等、相互信頼に基づいた協力体制を構築し、今後も継続して管理体制の充実を推進して参ります。
 しかし、残念ながら、JAEにおいて、産業廃棄物に関する届出が遅れる事象が発生してしまいました。今後このようなことがないように管理方法を強化するよう努めていきます。

 ここに、2020年度の環境活動を取りまとめ、環境報告として公表致します。今後の環境活動のさらなる向上の為に、皆様からの忌憚のないご意見を賜れれば幸いです。

執行役員 檜山 憲孝
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)に賛同しています。